2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人が入院しました

週に一度、ドイツから移民してきた友人のお買い物のお手伝いをするようになって1年がたちました

この1年・・・色々なことがあったのですが、ドイツ訛りの英語も慣れ、それなりに

お手伝いをしてきました

ある日、いつものように決まった時間に迎えに行くと・・・お留守

日が暮れる少し前に電話しても、お留守・・・一人暮らしのご老人なので心配になりました

それから、車を飛ばして・・・置手紙絵文字名を入力してくださいをしようと思った時に車で帰ってきました

「今、病院から戻ったけど、これから入院するから病院まで連れて行ってほしい」といいました

病院の前まで車で送り、「病院の中まで行こうか?」というと

「一人で行くからいい・・・」と、何度も、私のほうを振り返りながら病院へと向かっていきました

いつか、英語の先生が言っていた「お互いに依存しない、個人主義」

言葉が頭をよぎりました

ここで暮らして考えること・・・個人・家族・友人・幸せ・・・などなど

「おじいちゃん・・・どうか元気で退院してきて」といいながら、おじいちゃんに手をふっていました

★ランキング参加中★LOVEぽちッよろしくね★

gift 南オーストラリアで初めての野菜作りの奮闘日記VEGEMAMI farm

gift 旧cafe rubyブログ

cafe ruby

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
るびーさんはやさしいですね。

異国の中の1人暮らしの外国人。
そして入院。
こう考えると、おじいちゃんは精神的にも地獄ですね。
にもかかわらず、毅然と、「1人で行くからいい」の返事。
見守るものとしてこういう態度は救われますね。
僕もこのおじいちゃんのような覚悟は持ちたいものです。
でも、内心はるびーさんの優しい心に
ホント感謝されていると思います。
2008/02/29(金) 19:13 | URL | kura #-[ 編集]
祖父を思い出して
ここには、外国からの移民の方が多いので、彼らの強さを見習わなければと思うことがしばしあります。他人に依存しない生き方は、私には真似できないと思いますが(汗
とにもかくにも、お元気に退院してくれたらと願うばかりです^^
2008/02/29(金) 19:56 | URL | るびー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://caferuby1422jp.blog70.fc2.com/tb.php/11-368ec17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。